もっと詳しく
資料ダウンロード
Menu
もっと詳しく
資料ダウンロード
business_45.jpg

健康リテラシーを上げるためにチェアヨガを実施:担当者インタビュー

QUICK_Logo_S

株式会社QUICK 様

1971年日本経済新聞社グループの金融情報サービス会社として創業し、世界の証券・金融情報をはじめ、政治・経済情報をリアルタイムで配信。
資産運用支援、注文執行業務の支援、情報ネットワーク構築支援サービスなど、証券・金融市場に関連する総合的なソリューションの提供しています。

受付周辺

The Problem

社員一人ひとりが大切な“財産”であり、社員の心身の健康が会社発展の原動力と考え健康経営を始めた。社員にヒアリングすると日中パソコンを使い同じ姿勢でいることが多く、眼精疲労や腰痛が従業員のプレゼンティーイズムの大きな一因になっていると把握。運動の必要性や健康リテラシーを上げることの重要性を伝えていきたい。

The Goal

深い呼吸を取ることで、頭に空気を送り、眼精疲労や腰痛を改善したい。そのストレッチのためチェアヨガを学びたい。

  • 深い呼吸により視界が明るくなることを知る
  • 深い呼吸を行うために体のストレッチを知る
  • 会社でもできる椅子を使ったヨガを体感する

提供プログラム

【講師出張型ワークショップ】チェアヨガ

  • 3月後半 45分 / 4月後半 45分
  • 研修受講者 1回につき30名以上の参加
  • 内容 
    • 身体をほぐす椅子に座ってできるストレッチ
    • 立ってできるストレッチ
    • カラダの症状に合わせたストレッチ
    • 呼吸法

 

セミナー開催風景

第1回目は3月下旬、定時の17時半の30分前、17時からスタート。オフィスに直結したフリースペースに椅子を並べて開催いたしました。仕事で疲れている皆さんに、まずは簡単なストレッチ方法をお伝えし体をほぐしていきました。

2019-03-25-17-15-34 

眼精疲労がある方は、肩こり・首こりがあるのに自覚無く、眼精疲労だけを感じられていらっしゃる方もいらっしゃるため、首肩周りの血行を良くしていきます。

 2019-03-25-17-38-27

 

ストレッチし、固まった筋肉を伸ばし、大きく呼吸ができる状態を作ります。その後呼吸で大きく酸素を送り込み、目を休めることによって、疲れた目元の筋肉を緩めることをお伝えいたしました。

 

第2回目はオフィスの場所を移して実施。始業時間中の17時から17時45分まで会議室で実施いたしました。

 2019-04-24-17-08-06

4月は眼精疲労と睡眠の質を上げる効果を持つツボやストレッチを行いました。

2019-04-24-17-33-53

家でできる、会社のデスクでできるストレッチやヨガをお伝えし、自身の体の変化を体感していただくことで、ストレッチの重要性ややってみようと思える気持ちを作ることができました。

日常生活にストレッチを取り入れて、意識的に身体を動かす習慣を!

株式会社QUICK ひとづくり本部 

沼尾 様   飯塚 様

PLAY GROUND

写真提供:株式会社オカムラ 情報誌『bpvol.30

インタビュー

 

――MOMENTUMのチェアヨガを実施したきっかけは?

株式会社QUICKは金融情報サービスを提供しており一日中パソコンに向かっている人が多い状態です。今までも様々な健康イベントやアンケートなどから不調改善を実施してきましたが、眼精疲労を抱えている人が多いことが判明しました。

眼精疲労を改善される施策を考えていたところに、MOMENTUMさんと知り合い、チェアヨガについて教えてもらえました。

MOMENTUMがお勧めした眼精疲労の改善策ーーーー

眼精疲労の原因として、同じ姿勢で体が固まることにより呼吸が浅なってしまい、脳に酸素が回っていないことが考えられます。深い呼吸は意識しても悪い姿勢や体が固まったままでは行うことができません。深い呼吸ができるようになるために、会社でもできるストレッチ方法として、チェアヨガをご紹介いたしました。

 

 2019-03-25-17-26-28

 

――チェアヨガを実施してみて印象深かったことは?

今までは座学セミナーが多く、身体を動かすだけのセミナーは初めてでした。実施にあたり参加者が集まるかどうか不安でした。
実際は予想以上の応募があり、参加者それぞれが楽しそうにかつとても真剣に取り組まれていたことが印象的でした。

 

――セミナーを受けて何か変化がありましたか?

事後アンケートでは「実際に仕事中にやってみた」「今後も継続して健康イベントを実施してほしい」などの声がありました。
今回のチェアヨガも2回の実施だけに終わらず、例えば朝や昼休み5分だけストレッチしてみるなど日常の生活に取り込めるような仕組みづくりを検討しています。

 

沼尾様、飯塚様、ご協力ありがとうございました。

 

導入結果

※プログラム参加者のアンケートより集計し抜粋

1回目チェアヨガ満足度
2回目チェアヨガ満足度
アンケートに行動変容につながるキーワードがあった
簡単にできるストレッチで、すごく肩などが楽になりました。時間を見つけてはちょこちょこと自分でやっています。

【講師出張型ワークショップ】チェアヨガ参加者アンケートより抜粋

デスクワークでずっと同じ姿勢でいるのですっきりしました。できれば一日一回(20分くらい?)ヨガなどができる休憩時間があったらいいなと思います。

【講師出張型ワークショップ】チェアヨガ参加者アンケートより抜粋

普段、前傾の姿勢ばかりしていることに気づいた。体を反らすと気持ち良い。ワークショップで紹介してもらった体操をメモでほしい。

【講師出張型ワークショップ】チェアヨガ参加者アンケートより抜粋

普段の業務中に少し時間をとってできそうなものが多く、とてもよかったです。

【講師出張型ワークショップ】チェアヨガ参加者アンケートより抜粋

体にいいことを実感したので、今後も自分でするようにします。
【講師出張型ワークショップ】チェアヨガ参加者アンケートより抜粋